”ツバメの子” は夏の季語

a0155447_1721633.jpg

 ”ツバメ来る” は春の季語、 そして ”ツバメの子” は夏の季語。 街を歩くとかなりの場所で、フンを落としても、通行人にかからないように配慮して、保護されてあるツバメの子を見かける。
 教え子で、アマチュア無線のライセンスを持つ Tタクシーの社長 Y君の会社では、車両にフンがかからぬように傘を広げている。

 先般のTVでも、今年も飛来して子育てをしているツバメのニュースが 微笑ましく扱われた。     ▼
a0155447_172445.jpg

 陰陽往復時に途中休憩をする道の駅 ”おろちの里” で目にしたツバメの子  ▼
a0155447_173993.jpg

 ブログアップ用の掲載写真の編集に手間取るとき、これまでの慣例で、既に編集済みで保存していたものを予約投稿。

【Real time NEWS】  郵便葉書値上げ、 新切手と葉書を求めて郵便局に出かける日
a0155447_945090.jpg

(2017.6.2 記) 
 
by TanMatsui | 2017-06-02 00:05 | 生活情報 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tanmatsui.exblog.jp/tb/23926500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2017-06-02 16:18 x
釧路のタンチョウヅル も 八戸のウミネコも
いまは みんな産卵、子育てに忙しいシーズンですね。

Hiro様のご実家の巣箱にも 新しいカップルが引っ越してきているかもしれませんね。
お隣の飼いネコちゃんがいるから 恐ろしいかな?
Commented by TanMatsui at 2017-06-02 19:12
shinmamaさま
 来週は6月の定例帰省を計画しています。 繁った楓のなかに設置した巣箱に
入居者が入っているか どうか!

 次の帰省は、1週間足らずですが、やっておきたいことがかなりあります。
 梅雨入りして雨が降ったら休めるのです。 雨女に降雨を頼みましょうか? (笑)
<< 授業の開始まで 庭の花 その4 >>