松山・道後巡り



   徳島での同窓会参加の翌日、高速バスで西に向かい、道後温泉に到着した。何度も訪れた地であり、温泉街には足を入れず、これまででかけたことのなかった湯築城跡を歩く。     ▼
a0155447_19194599.jpg

 その後 国家公務員共済連合会KKR 道後ゆづき に宿泊した。宿泊料金が格安なのが魅力である。 これまでKKRは宿泊を申し込んでも満室の場合が多かったが、今回は1ヶ月前に申し込んで予約できた。     ▼
a0155447_1924810.jpg

 ロビーの窓越しに見た情景。 珍しくこの時期に萩の花が咲いている。     ▼
a0155447_19245688.jpg

 一泊してチェックアウト後、松山市内へ向かう。これまで何度か訪れた場所であったが、再び子規庵、そして夏目漱石の坊ちゃんを収めて松山観光港からフェリーで帰途に着く。     ▼
a0155447_19263859.jpg

 フェリーは本土に接近、音戸大橋を潜る。フェリーの窓が汚れていたため、こんな情景になった。 一雨降れば窓ガラスの汚れも洗い流されたのあろう。     ▼
a0155447_19271975.jpg

 松山市内で目にしたブログ アクセサリー     ▼
a0155447_1928738.jpg

(2017.6.28 記)
by TanMatsui | 2017-06-28 00:05 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tanmatsui.exblog.jp/tb/237125213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2017-06-28 09:36 x
道後温泉まではバスで、復路はフェリーで ふた通りの手段で旅を楽しまれたのですね。
観光をするには 暑くなくて良い時期なんですが、私の場合雨が降るので、、、。
普段の行いの差でしょうね、いいなあ Hiro様は。
Commented by TanMatsui at 2017-06-28 09:52
shinmamaさま
 徳島の復路、この界隈は これまで ほとんど出かけているので、どこを回ろうかと迷ったのです。
これまで、KKRは 満室の場合が多かったのですが KKR道後検索したら 
当日余裕があるとのことで、早速予約しました。 
 ここは実に安く泊まれるので、好都合です。

 ところで 来週は久し振りに 例の姫路の旅行友達の招待で、また出かけます。
 友人は 足が弱り、歩き回る旅行が出来にくくなられました。京阪神地区のホテルで、
飲みながら再会の歓談をするようになります。
<< 星取県 その2 同窓会に招かれて >>